フォロー中のブログ
毎日が送りバント
風塵 〆 雷迅 [Jem...
minaの喜怒哀楽楽日記
どんとこい自分
生きる詩
マイ・ファニー・タクシー...
zeki diary
ジャーナリスト・志葉玲の...
ある編集者の気になるノート
H a P P y * ...
Photo Indigo...
SUCCESS WOMA...
ふぉとぶーけ
・・・花に想いをのせて・・・
毎日手紙を描こう★貰うと...
Happyあざらしblo...
Colocasia's ...
長男の中庭
こころ...smile ...
まっくわぁるど
会えたらいいな。“2”
夢のつばさ
未来はみじん切りのタマネギ
イカ様写真館
polepole日記
いつでも・どこでも・だれとでも
Photo Birthday
うさぎの独り言
LIFE
つれづれブログ
色ではなく寸法です
はらほろひれ晴れ
salvage anti...
わたしのソファー
身の丈プライスインテリあん。

いろいろ。
いつでも・どこでも・どこまでも
Vitamin P2
雪兎のおうち


雪兎(yukito)の所に遊びに来てね♡↓
いつでも・どこでも・だれとでもadvance

☆★☆マイリンク☆★☆
Yukky's court
~ブラストの軌跡~

いまはこちらをクリックしてね↓♡
Yukky's court
 ~ブラストの軌跡 2~

子ども大好き保育士麻友さんの
かわいさいっぱいの新ブログ♪

新麻友麻友日記
浪花出身・熊本在住元気いっぱいひろりなママさんのブログ♪
ひろりな日記パート2
緋色劇場Annex
ももんが日記
mayu麻友キッチン
いつも楽しく
(*'ー'*)ふふっ♪

HAPPY DAY
人気blogランキングへ

にほんブログ村 その他ブログへ 


kumahachiさんの今日すべきこと


死語ブログパーツAX
以前の記事
最新のトラックバック
栗本薫 ホームページ
from きょうナニ?
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
珍性器フェランゲリオン
from スンズ
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
ハンゲショウ
from すーの日記
祝!地下鉄開通80周年 ..
from 坂口祐の巻物 | yousa..
長瀬智也 ダム
from 長瀬智也情報ブログ
カテゴリ
『空色 ソラノイロ』 裏話
d0069942_1232519.jpg
さて、今日はオモテの『いつどこ』の裏話でも。
本当はココはそのために作ったはずなのに、全くその機能を果たしていなかった。
いまも果たしていないような気がするが、それはまあおいといて…w

オモテで書くコトもわたし自身のコトバなので嘘を書いているつもりは全くない。わたしの中のkumahachiが、あのコトバを綴っていた。
『いつどこ』にいるkumahachiの最初の想いはすべて『貴方』へと向けられていた。直接貴方へのメッセージが送れないから、いつどこで解消していたのだ。

いとおしいと思う感情
貴方へまだ見せていないわたしの別の部分


そんな事を書き始めたのだと思う。
ただ、ブログという性格上、不特定多数(少数?)のヒトが読者である。また、自分が書き始めると周りのヒトが気になりだす。お友達といわせていただける何人かのブログ仲間も出来てくると…その人たちに向けてのメッセージも発信したくなる。わたしにそれを一番最初に与えてくれたのが『ゆっきぃ王子』である。
コメントしづらかったであろうわたしのコトバに毎回真剣に考えてコメントを入れてくれた事をとても感謝している。また、彼の記事から、言葉から受け取ったメッセージにコトバを返したい…そんな想いで記事をUPしたい思いも出てきた。
そのころから、すこしずつわたしの綴るコトバが変化してきたのだと思う。そして最初は『あ~』から始まったコトバタチも『A~』になり、『好き』をテーマに、そしていま、宣言をしていないものの、皆さん気付かれていると思う『色』をテーマにした新章に勝手に突入している。

『色』d0069942_1161695.jpg
わたしはいまでこそ、コトバを専門にしているが、しばらくの間、『絵』も書いていた事がある。
イラストなんて呼べないので『絵』としておく。
そのときに使っていた画材がNICKERのポスターカラーである。
絵自体は特殊でもなんでもないけれど、枚数を書かなければならないときがあって、そんなときは何人かで手分けをする。色やタッチが違うとまずいのでボードを作り、それにあわせて描くコトになる。その際、『この色は○○と◇◇』などと、使うボスカラの色を指定しておくとわかりやすい。
d0069942_1191643.jpgもちろん、料理じゃないので細かいレシピではなく、目安程度である。最初のころはそれでもなかなか同じ色が出せなかったが、慣れてくると、一目で『これは~』とわかる様になる。わずかに調整のために加えてある色さえすぐに見つけられる。そこまではいい。
そのうち、生活の中にある色までポスカラの色に見えてくる。「これは○○と◇◇」と、考えるようになると、もう病気である。


『空色 ソラノイロ』で思い浮かべたのはそのころに決まって描いた明け方の
ソラノイロ

d0069942_1263892.jpg

ホワイトにすこしのレモンイエローを加え、コンポーズブルーへとぼかしてゆく。朝焼けはコーラルを筆先につけぼかしこんでゆく。コンポーズブルーから夜の空へとグラデーションをかける。筆でぼかしきれない部分に軽くカラバケをかける。すると、綺麗なグラデーションがそこに現れる。
夜空も黒にプルシャンブルーや,時にはインジゴを混ぜる。その微妙な色合いが筆の感触と共に思い出される。
ソラは大抵最初に色を入れる。一番遠い背景であるし、そのグラデーションを失敗するとすべてが壊れてしまうからだ。筆をおくときに、一番緊張する瞬間である。
だからこそ、キオクに染み付いている。

王子から、冬の夜明けの話を最初に聞いたときに、そうやって自分の描いた夜明けや、徹夜明けで眠気覚ましに外に出たときに見た早朝の空の清清しさと、切れるような冷たい空気、そんな諸々が一気に蘇ってきたような気がした。
彼の感性は、時にわたしの忘れていた想いを呼び覚ます。いつか色をテーマにしたら空の話を書こうと思っていたが、タイミングよくふたたび王子が話を振ってくれたので、一気に書き上げてしまった。
今回の『いつどこ』の記事はそうやって生まれてきたのである。
d0069942_1315081.jpg

さて、今回のこの記事…タイトルはどうしよう?w
なんとなく『ゆっきぃ王子』としなければいけないような気がするが…さてw

いつでも・どこでも・だれとでも 
にほんブログ村 その他ブログへ 

b0092885_24878.gif
[PR]
by imademo-kumahachi | 2006-11-12 01:06

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31